SharEstheコンセプト

SharEstheコンセプト「すべての女性にエステを」「みんなでキレイになろ♪」

SharEstheとは

SharEstheからすべての女性にエステを届けたい。その想いでSharEstheスタートしました。

ネーミングは英語のShare=共有とEsthe=エステ、2つの言葉を組み合わせました。そして、「E」をShareとEsthe で共有したのでSharEstheとしました。この言葉、英語にも仏語にもどこにもない言葉です。

どこにもない言葉SharEstheはいままでにない全く新しいエステサロンを目指しました。

シェアするエステ

エステのメニューは大きく分けて二つあります。
一つはエステティシャンによるハンド施術、もう一つエステマシーンによる施術があります。
ハンド施術は熟練のエステティシャンにしか行えず、それゆえにエステの価格が高くなることがネックです。
一方で、エステマシーンによる施術はマシーンの操作方法を理解していれば、熟練のエステティシャンじゃなくともできます。ならばセルフ施術でも一定の効果があるのではないか?
エステをセルフ施術にすれば、もっとお手頃な価格でエステが提供できるのではないか。そう考えてSharEstheはスタートしました。

シェアエステ

SharEstheでは、結果が出る最新のエステマシーンを導入し、お客様皆さんにセルフでご利用頂くことをシェアエステと名付けました。よくあるセルフエステではなく、もっと結果が出てお客様に喜んでいただくことにこだわったのがSharEsthe(シェアエステ)です。

2020年現在SharEstheでは以下のマシーンを導入しています。

最新SHR方式脱毛器、フォトフェイシャル器、フェイシャル用HIFU、BODY用HIFUライポソニックス、プラズマシャワー、セルフホワイトニングをお手頃価格でシェア(セルフィ利用)して頂けます。

さらに、脱毛等に関しては母娘や友達お二人で利用して頂く事も可能にしました。2人でシェアできる脱毛も可能にしました。

みんなでキレイになろ♪ SharEsthe

トモダツ

SharEstheでは脱毛を2人でシェアすることを可能にしました。それを2人で脱毛するのでトモダツと名付けました。

母娘でトモダツ、親友などとトモダツが可能です。

トモダツは時間制のセルフ脱毛です。時間内であればお一人だけでも、お二人交互でも自由に脱毛器をご利用頂けます。

例えば、母娘でトモダツ。お母さんが娘さんに脱毛器を当ててあげる。

脱毛サロンに通うには少し早い十代の娘さんの脱毛を、お母さん自らやることができたら安心だと思いませんか。

また

親友とトモダツ。一人で行くのはちょっと勇気がいるけど友達となら安心ですよね。

お客様自ら脱毛器を当てるセルフ脱毛、意外と広範囲に脱毛が可能です。でも、どうしても難しいのが背中やうなじなどの部分。

友達と一緒なら、背中なども大丈夫!

SharEstheコンセプト

すべての女性にエステを

みんなでキレイになろ♪SharEsthe

関連記事

  1. SharEsthe

    シェアするエステSharEsthe

  2. キャビテーション

    SharEstheのエステマシーンについて2

  3. SharEstheアクセス

  4. SharEsthe NEWマシーンの施術価格発表!

  5. ライポソニックス

    結果が出るエステ

  6. SharEsthe NEW OPEN@原町田

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。