シェアするエステSharEsthe

SharEsthe

世界の皆さんはじめまして。今までどこにもなかったコンセプトでスタートしました、シェアするエステSharEsthe

SharEstheと書いて、シェアエステと読みます。Share(シェア)とEsthe(エステ)を組み合わせてSharEstheとしました。ShareEstheの2つの言葉のEを共有してSharEstheです。文字通りEをShareしました。

さて、SharEstheについてここからが本題です。SharEstheっていったいなに?

その答え一つ目は、エステ機器、マシーンをみなさんにシェアして、利用頂きたくてSharEstheと名付けました。SharEstheのメニュー内容的にはセルフエステですが、単なるセルフエステ、他のセルフエステと一緒ではイヤ!(笑)と考えてSharEstheとしました。

さらに、SharEstheでは、「すべての女性にエステを」「みんなでキレイになろ♪」をコンセプトにマシーンで可能なエステを今後もさらに追加していく予定でいます。既存のメニューのみではなく、スタッフ自ら美容にアンテナを張り、新しいマシーン、結果が出るマシーンを追加していきます。

エステマシーンを導入し、みなさんに使って頂くことでキレイになって頂ける。単なるセルフエステの枠にとどまらず、みなさんと美を共有したい、シェアしたい、だからSharEstheなのです。

SharEstheってなに?もう一つの答え。

それは、SharEstheではエステを2人でシェア利用ができるからです。

セルフエステはエステマシーンを使い、じぶんでエステを行いますよね。エステを自分で行う際どうしても難しい箇所がありますよね。一番難しいのは背中部分。

SharEstheでは、そのセルフ施術では難しい部分を2人で行って頂く事が可能なのです。

例えば、光脱毛器を友達同士施術し合うとか、母娘で施術するとか。また脱毛サロンに行かせるにはまだ早いかもしれない10代のお嬢さんの脱毛をお母さんがやってあげるのもおススメの利用方法です。お母さんが一緒の脱毛ならお嬢さんも安心ですよね。

2020年1月現在SharEstheで利用頂けるエステマシーンは、SHR光脱毛器、光フェイシャル器、フェイシャル用HIFU、BODY用HIFU(ライポソニックス)、プラズマシャワー、セルフホワイトニングとなります。

これらのマシーンをみなさんとシェア=セルフ利用頂けます。

しかも、どのマシーンもエステ業界では最新のものばかり。さらに結果も出るマシーンばかりです。

関連記事

  1. ライポソニックス

    結果が出るエステ

  2. SharEstheコンセプト

  3. SharEsthe

    SharEstheシェアエステ2店舗目スタート!?

  4. SharEsthe NEW OPEN@原町田

  5. SHR脱毛器

    SharEstheのエステマシーンについて3

  6. SharEstheアクセス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。